システムを活用しよう

個人でアプリを開発している人も、大きな企業で働いている人も、利益を上げるために便利なシステムがあれば活用すべきです。手作業で済ませていたことも、ボタン一つで済むとなれば労力が激減します。

ビジネスで便利なシステムやサービス

  • 共有ストレージ
  • コミュニケーションツール
  • マネジメントツール
  • オンライン決済
  • パスワード共有ツール
  • 秘書代行
  • バーチャルオフィス
  • 会議室予約システム

便利なツールを開発する人向け

今はスマートフォンの利用がパソコンよりも主流になっていることから、企業が独自でアプリを開発することも多いです。このスマートフォンアプリ開発はアウトソーシングできるので、依頼の流れを確認しておくと良いです。

スマートフォンアプリを開発する際の流れ

話し合う

まずはどんなアプリを作りたいのかを十分に検討しておきましょう。アプリ開発を任せられるとはいえ、運用するのは注文者です。ターゲット層や目標を検討していき、その後実績を見ながらアプリ開発会社を選択します。

企画

アプリ開発会社を検討したあとは、会社の担当者と企画の精査を行なっていきます。ゴールやiosかアンドロイドで開発するかによって、ユーザーインターフェースは変わっていくことがあります。市場調査についても相談できるので安心です。

開発

開発については素人の人が注文者であっても、アプリ開発会社で専門の技術者が開発に携わるので安心です。たとえ開発の時点であっても、実際のアンドロイドやiosの動作環境下に近いイメージが作られます。

リリース

実際にリリースできるようにもっていくためにはアンドロイドとiosでの動作が問題ないかをチェックしていきます。ストアでリリースするための申請に関してもアプリ開発の担当者が行なってくれますし、申請だけ代行してもらうこともできます。

運用

アプリ開発が終わればそのままというわけではなく、運用に関しても継続して相談することができます。思ったように集客がうまくいかない場合には対策をしていきますし、データ解析もしていってくれます。

必要なシステムがあれば専門業者にシステム開発を依頼しよう

タイピング

既存のものでは足りない

既存のシステムでもカスタマイズできるので、業務の効率をもっと上げたいというときはシステムの検討をしていきましょう。その結果、やはり自社の業務が特殊なので独自のシステム開発をしたいというのであれば、それも可能です。

開発の手順を確認しよう

システム開発は自社でできるところは少ないはずなので、専門の会社を探していきましょう。会社が見つかったらヒアリングが行なわれます。そして企画段階に入り、この時点で見積が出されます。見積ができたからといって契約しなければならないというわけではないので、安心して検討しましょう。

契約の際に確認すること

契約書は開発方法によって変えると安心です。契約の内容は業務委託契約と請負契約があります。請負契約においては完成品を納品することで対価が発生しますが、どの時点で完成とするかも定義しておきましょう。また、せっかく導入したシステムを使うのはスタッフなので、導入後の対策もしっかりしておくべきです。

[PR]
ビジネスチャットを会社に導入
情報共有の時間を短縮

これをすればシステム導入は成功する!取り組みベスト5

no.1

作業量を最低限に抑える

どんなに古くて使いにくいシステムでも、一度使い慣れたものから離れて新しいシステムを覚えるのは面倒です。そのため一番やっておいたほうが良いことは、作業の内容を最小限にすることです。サポート窓口も設けましょう。

no.2

導入時の指導者を複数設置する

企業が大きな規模であるほどシステム導入を手伝ってくれる指導者は多く必要になります。最初に指導者複数にシステムの説明をすると、鼠算式で知識を広げることができるので、この取り組みは必要性が高いといえます。

no.3

導入部門を限定する

システムを導入する際には小さな部門から始めることが三番目に大事だといえます。これはクレームや質問がきたときに対応しやすくするために必要です。変更があればカスタマイズしやすいシステムを選んでおきましょう。

no.4

目的を伝える

システムが定着しなくなる原因の一つとして、「使う意図が分からない」というものがあります。システムを導入し、定着させたいのであれば意図を必ず伝えるべきです。伝達の仲介者が増えるにつれ、意図は伝わりにくくなってしまいます。

no.5

全体への教育

本当にシステム導入の意図が伝わっているのか、導入してどうだったのか、これは実際に対面しないと分からないものです。人数が多いと集まるのも大変ですが、一緒に集まることのできる日程を組んで説明の場を設けましょう。

テレビ会議(ウェブ会議)を試してみよう

[PR]
iosのアプリ開発を専門業者に依頼
沢山の製作事例が載ってる!

[PR]
マニュアル作成を頼む
要望通りの仕上げに嬉しくなるでしょう。

[PR]
賢いチャットシステムの選び方!
サービス・サポート充実♪

iphone・androidアプリ開発を対応

広告募集中