快適な老後生活|認知症を予防してくれる成分が含まれているサプリ

おばあちゃん

高齢社会と病気

サプリ

実は身近な問題です

現在の日本は、65歳以上の人口が増え、高齢社会になりました。平均寿命が延び、少子化が進んでいることは誰もがご存知のことと思います。先進国の中で、高齢化社会から高齢社会へと進んだスピードは、日本が特に早いと言われています。長生き出来ることは幸せではありますが、健康があってこその長生きがとても大事です。その中で、特に心配されるものの一つが認知症ではないでしょうか。若い世代には無関係のことと思いがちですが、親や祖父母が認知症になる恐れがないとは言えません。そうなると決して関係のないものとは言い切ることが出来ないのです。しかし認知症であっても、早期発見であれば進行を遅らせることが可能なのです。また、よく混同されがちですが老化に伴う物忘れと認知症は異なるということを知っておくと、多少安心出来るかもしれません。

栄養摂取とストレス発散

認知症にならないためには、しっかりと栄養のある食事を摂ることが予防に繋がると言われています。認知症の原因となる動脈硬化や高血圧、糖尿病、ストレスを防ぐことが何より大切です。予防に繋がる栄養素は、オリーブオイルに含まれるオレイン酸・オレオカンタール、青魚に含まれるDHA・EPA、大豆や卵などに含まれるコリン、野菜や果物に含まれるビタミンC・E、リコピン、ポリフェノールなどが良いとされています。これらの栄養素を一日で摂ろうとしたら、かなりの量を食べなくてはいけないので大変ですが、毎日の食事に、少しずつでも取りいれていくことが大切なのです。野菜や果物を手っ取り早く摂るには、ジュースにしてみると手間が省けるかもしれません。そういった少しの意識が予防に繋がります。また生活習慣を見直し、軽い運動やストレッチを取りいれ身体を動かすこと、友人と会ったり旅行したりとストレスを適度に発散することも予防の一つです。