快適な老後生活|認知症を予防してくれる成分が含まれているサプリ

おばあちゃん

病気を招かない方法

シニア女性

生活習慣が大切です

誰もができるなら将来認知症にならずに済むことを願っていることでしょう。認知症の患者は毎年増えています。認知症を日常の生活から予防することができるなら、取り組んでいきたいですね。高血圧や糖尿病などの生活習慣病が、認知症の発症リスクを上げると言われています。また、食生活や運動などが脳を健康に保つのに役立ちます。また、知的な趣味が合ったり、人付き合いを楽しんだりすることも脳を活性化し予防につながるでしょう。一人暮らしの人は要注意です。できるだけ一人で閉じこもらないように注意しましょう。また、睡眠をしっかり取ることも大切です。6時間から8時間の規則的な質の良い睡眠を取り、昼寝も習慣になると良いでしょう。

食事に気をつけましょう

またバランスの取れた食生活を意識することも、認知症の予防につながります。血糖値を急上昇させないように、必ず野菜類から食べるように心がけることも大切です。認知症の予防には青魚や果物や野菜、赤ワインが良いと言われています。また、脳を健康に保つために注意したいことは、コレステロールや減塩です。コレステロールや塩分を多く取り過ぎてしまうと、動脈硬化や脳梗塞を招いてしまいます。バランスの良い食事は認知症だけではなく、生活習慣病の予防にも効果が高いです。肉だけではなく魚も、海藻や野菜もキノコも大豆も、好き嫌いしないで食べるようにしましょう。そして塩分は、できるだけ一日10グラム位までを心がけましょう。ビタミンEやビタミンCも有効です。